MENU

最近の現場公開します。

2017年10月3日

 

現場が3件重なって監理していることは珍しくもないことですが・・・さすがに注文住宅となるとやはり頭の中を整理してないと大変です。(笑)
Y邸は28坪位の小さな新築現場ですが、施主の思いを乗せて進んでいます。わたくし個人としては常に進化している木造住宅の様々な住環境に関わる仕様には敏感であるべきとどんなに忙しくとも講習会等には参加しておりますが又反面、省エネルギーの面や雨仕舞や耐震性などの基本的な考え方を隔すような”古民家再生”という分野があり・・・このの部会には毎月欠かさず勉強会(?)として参加しております。実は勉強会と称して”呑み会”が最大の楽しみでありますが・・・・・。(笑)
ここ何日かで進んできた工程を振り返って考えるのがいい職人さんたちに恵まれてよかった・・・と思うことです。また・・・そうでない職人さんもいますがそれなりにわたくしの指導を理解してくれているようです。一応・・・順調に軌道に乗ってきたようです。来年のお客様ともショールームの打合せも徐々に進みそれなりに事業も堅調です。これも皆様に直営方式を御支持いただいていることだと思っています。感謝の日々です。

CIMG5267.jpg

CIMG5339.jpg

CIMG5321.jpg

 

この記事の関連記事

”杜の家づくりネットワーク”のSさんの作品である新築住宅の引渡し前のお披露目に角田市まで行ってきた。 時間が早かったので地元の郷土館を拝観させてもらいました。刀や兜が飾られていましたが私にはその文化財としての建物の保存方法や補修 跡などに目が行

やっとのことで・・・小規模ではあるが共同住宅を引き渡した。 久々の共同住宅でプランをオーナーと選択、調整期間を経て確認業務、それと同時に性能表示(劣化対策3等級)をほぼ一人で下付させて現場の解体~着工~完了検査~検査済証~引渡~精算まで3月12日

「光陰矢の如し」・・・とはよく言ったもので 「光陰流水の如し」「光陰逝水の如し」とも言われる。 月日の経つのはあっという間で二度と戻るこないから、無為に送るべきでないという戒めを含んでいるといわれ「光」は日、「陰は月の意味で「光陰」は月日や時間


アーカイブ

2020

カテゴリー

最新記事


© 2020 All rights reserved.