MENU

ホーム > 完全直営方式とは
契約してからの「あるある」光景

憧れのアイランドキッチン。
広い作業台で子供とパンを作るのが夢だったのに。
楽しみにしていただけに落胆も大きい。

でも、削るとしたら…ここしかないか。

担当営業マンになだめられるように促されて判を押し、 これが現実かと納得する…。

このような話をあなたも聞いたことはありませんか?

当たり前のことですが、家づくりにかけられるお金には限りがあります。
でも、もし、1800万円の家を1500万円で建てられたら、あなたはどうしますか?

そんなウマイ話があるわけがない! 300万円も安くなんて非常識にもほどがある。

厳密に言いますと、300万円以上ですが、
確かに世間一般の見解からすれば、非常識と思われるかもしれません。

ですが私から見れば、 「あなたに夢を諦めてもらうしかない」価格設定を常識と考える 住宅業界の構造こそ非常識なのです。

そうです、私は業界通例の方法で家づくりを行いません。
私は、完全直営方式をもって、

あなたが理想とする家を 300万円安く建てることができます。
最新の施工例をご紹介します

こちらの施工例はほんの一部。ご予算や条件に応じた完全自由設計。特定のデザインテイストではなく、100%オリジナル、 世界に一軒だけの家づくりプランを一級建築士が提案します。

完全直営方式とは?

う~ん、これだけですと分かりにくいですよね。

それでは順番にお話しましょう。

一括発注方式

通常、家を建てると決めたら、工務店やハウスメーカー、設計事務所などへ依頼します。つまり、請負会社を決めるということです。

会社が決まったら、あとはそこへ全部おまかせ。エスカレーターに乗るような感覚で家づくりが どんどん進んでいきます。

家づくりに必要な各工程を一手にそれぞれの専門業者に依頼することから、「一括発注方式」と呼ばれています。

確かにすべてを任せられるので楽ではありますが、 見方を変えれば「全部やってもらう分、コストがかかる」ともいえます。

請負会社は、いわば中間業者。

そういった立ち位置から中間マージンを得ることは当然としましても、まかせっきりにする以上、 中には下請けの数が孫請け、ひ孫請けと膨らむ場合もあります。

その結果、費用が大きくかさんでしまうのは言うまでもありません。

画像がみつかりません。

直営方式

対して直営方式は、施主であるあなたと業者が直接、契約を結びます。必要な分だけの契約ですし、そこに中間マージンは存在しないので、それだけで大幅なコストの削減となるわけです。

一方、直営方式はその名の通り、各種施工業者と直接契約を結びます。基礎、大工、左官…と実に多くの業者と契約を結ぶのです。

画像がみつかりません。

完全直営方式

お客様の中には、「契約後、何か1つ決めるにも、専門業者ごとに打ち合わせをしなければならない。 時間がすごくかかるのでは?」と不安に思われる方もいらっしゃいます。

でもご安心ください。

ここで建築士の出番です。直営方式を代行する建築士を、コンストラクションマネージャーと呼びます。

コンストラクションマネージャー(以下、CMr)があなたに代わり、各業者と打ち合わせをします。

あなたの夢、要望を私(CMr)がしっかり各業者に伝えます。つまり、あなたはCMrとだけ打ち合わせをすればよいのです。

3つの大きなメリット

1.大幅なコスト削減が可能

施工時のコスト削減に関してはすでに説明しましたが、実はもうひとつ大きな特長があるのです。

それは、家づくりに必要な建材や設備を原価で仕入れることができるという点です。下図で一例をご紹介しましょう。

画像がみつかりません。

究極のローコスト、それは原価です。

世の中で流通しているものすべて、原価の上に利益が乗せられています。一括発注方式の場合、請負会社が原価で仕入れ、そこに利益を乗せています。ただこれは、仕組み上当然のことです。

しかし、完全直営方式は違います。

必要なもの、欲しいものを直接、販売会社から仕入れるため、すべてが原価なのです。中間マージンの徹底削減が可能だからこそできる、完全直営方式ならではのメリットです。

原価を知ってしまった今、 差額を支払うのがなんだか馬鹿らしくなってきませんか?

中間マージン。

それは本来あなたが支払う必要のないものです。300万円以上安く家が建てられたら、 子供も大きくなるし、これから何かと物入りだし…貯金に回そう!

諦めかけていたあのシステムキッチン、太陽光システムが設置できる! 等々、より豊かな生活が実現できるのではないでしょうか。

2. 自由度の高い設計とは?

せっかくの注文住宅。
世界でただひとつ、オンリーワンのこだわりの住まいにしたいですよね。

ですが、実際にはなかなかそうはいきません。ちょっと規格から外れると、すぐに「規格外」とされ、 オプション料金が発生したり、施工自体が不可能となる場合が多々あります。

これには住宅業界の事情があるからなのですが…。 (無料プレゼント中の小冊子の方で詳しく述べています)

しかし、完全直営方式には、決まりきったルールは存在しません。

使用が許される作りや環境であれば、基本的に制限はないのですね。

つまり、本当にあなたが住みたい家を一級建築士と話し合って自由に設計できるのです。『安く建てられるだけの家づくり』ではありません。

3.安心で簡単って本当?

ここまで読まれたあなたは、こう思われるはずです。

そんなにウマイ話があるわけがない。デメリットを隠しているんじゃないか、と。

確かにそう思われるのも当然です。
強いてデメリットを言うならば、あなたが押す判の数が増えることぐらいです。

見積もりによくある「一式いくら」という設定ではなく、たくさんの業者や仕入先と直接契約するので、それぞれの発注書の量が増えてしまいます。

自ずと判を押す量も増えてしまうのですが、細部まで確認しながら進めていけるので、 実際には、明瞭会計で分かりやすい、安心するというお声が多く、判を押すのが面倒だったという声は今のところ聞きません。

なぜ、完全直営方式なのか?

昨今の不況も手伝って、 「ローコスト住宅」「1000万円台で建てられる家」等を謳う住宅会社が多くなりました。

ローコスト住宅は規格化されたものが一般的です。

極端な例えですが、自由設計よりも、 「5パターンの中から選んでね」という方が安く出来るのは当然です。

マイホーム取得に重きを置き、自由設計は二の次となっているのが現実なのです。でも、私は思います。 最初から規格化住宅を選ぶ人は少ないのではないかと。

価格が壁となって自由設計を諦めてほしくないのです。良質な家を建てるには、もう従来の行程では難しくなってきたといえます。 私は、今の時代にあって良質な家を建てるには、完全直営方式が最適であると確信しています。

完全直営方式が仙台でも可能に!

直営方式はアメリカ生まれですが、「完全直営方式」は静岡県浜松市が発祥です。
これだけのメリットがある完全直営方式。広まらないはずがありません。おかげさまで浜松を中心に数多くのメディアで紹介されました。
弊社はいち早くこの完全直営方式の素晴らしさに気付き取り入れました。
地元仙台で「本当に理想とするマイホーム」を持ちたいという方の願いを叶えられるよう邁進していく所存です。

完全直営方式の施工エリア拡大中!

詳しく解説した小冊子をお受け取りください。

ここまで完全直営方式についてダイジェストでお話をしてきましたが、本当はお伝えしたいことがまだまだあります。

そして、あなたにとっても、耳慣れない完全直営方式に対し、 疑問や不安がたくさんあると思います。

一度、弊社にお越しいただき、詳しくご説明差し上げるのが一番なのですが、 やはりハードルが高いのか、なかなか実現しません(笑)

「やる気満々と思われて、毎日営業の電話がかかってきたらどうしよう…」という そのお気持ち、すごくよくわかります。自分に置き換えて考えれば、間違いなくそう感じますから。

そこで、完全直営方式について更に詳しく説明した小冊子をご用意しました。まず、そちらをじっくりとお読みください。

これから家づくりを始める方だけでなく、すべての方にとって必要な内容を盛り込んだものですので、必ずお役に立てるはずです。また、ホームページではなかなか言えない業界話もありますので、どうぞご期待ください。


ただし、お急ぎください。

印刷や製本作業をスタッフで行っておりますので、どうしてもお渡しできる部数には限りがあります。

大変申し訳ないのですが、毎月10名様限定とさせていただいております。お早めにお申し込みください。

資料請求はこちら
お問い合わせはこちら
ONESSからのお約束

資料請求はこちら
施工例はこちら

お知らせ 

村田町Oさまの 集舘 ”風の音”

25年前に御自宅を輸入建材…

小規模共同住宅を引渡までの道程

やっとのことで・・・小規模…

最近の現場紹介

●(仮称)北山アパート …
ブログはこちら
みんな集まれ! イベント情報
完全直営方式隊のページへ
専門業者募集中
ONENESS仙台 設計企画室 一級建築士事務所
お問い合わせはこちらからどうぞ。

アクセス

宮城県仙台市太白区桜木町13番24号 201
定休日 日、月曜(事前ご予約いただければ定休日でも対応可能です)
受付 9:00~18:00


© 2020 All rights reserved.