MENU

地域と人と”こと”の繋がりを考えさせられること・・・

2018年5月31日

6月15日施行「民泊新法」にあたり国土交通省・観光庁に報告の元、「快適な民泊の安全と安心」を担保する調査が今後おこなわれるそうです。

やはり、”おもてなし”の行き届きが今後の日本の観光産業を左右させるわけですから・・・・。

質の違いこそあれ、やはり人と人、それを取り囲む地域があってこそのことだろうと思います。

そしてまた、それをきっかけとして移住を考える方たちも多いと聞きます。

フランス在住の夫婦が 過疎化の進む福井市殿下地区で空き家を改装して インバウンド向けの民泊施設を開こうと 移住を計画し住民らと準備を進めています。

そのききかけは 越前海岸を自転車で旅している途中の雨宿りが縁。 殿下地区は地域おこしに前向きな地域で 東日本大震災の被災者受け入れに取り組んでいることや 豊かな自然や人情にも触れ 「よそ者を受け入れてくれる人情の厚さが最高」と 殿下地区に引かれていったそうです。

フランス語やフランス料理の教室 フランス人留学生の受け入れ施設など「古民家活用」を考えているそうです。

地域おこしで大事なことは 「観光」や「食べ物」だと思われていますが 一番大事なのは「ひと」です。 (ひどいのは「建物」と思っている場合が多くあります)

「ひと」だけではダメですが 「ひと」がいなきゃダメだということです。

我々、建築に携わる者としては縁の下の力持ちでしっかりと”こと”を受け止めてそれをいかに実現化できるかを真剣に考えていかなければならないことだと思うのです。

 

この記事の関連記事

ここ10年ほどになるだろうか?・・以前、ブログでも少し触れましたが   ほぼ毎日、”ノルディックウォーキング”を筋トレも含めて20~25分程度身体を動かしている。   時間は天候に左右され・・・・天気予報を聞きながらなるべく降雨を避けた時間

CIMG0191.JPG本日は昨日参加させていただいた”第3回平成の大工棟梁検定”IN 東北 において多くを学ばさせていただきましたことをかいつまんで感動をお伝えしたいと思います。 まず、初めての方向けに”平成の大工棟梁検定”を検索して出てくる

リフォーム工事を推進する動きが多くなってきています。 その一つがホームインスペクターの設立です。 国交省が推進する”既存住宅状況調査士”のことです。ホームインスペクターとは聞きなれないものに思えますが先進国、特にアメリカでは一般的な存在となって


アーカイブ

2020

カテゴリー

最新記事


© 2020 All rights reserved.